ビルの空室活用として注目のレンタルオフィス。

週刊ビル経営第815号にレンタルオフィスコンシェルの記事が掲載されました。
週刊ビル経営掲載記事
記事全文

レンタルオフィス急増に伴いマッチングサイトを開設

ビルの空室活用としてレンタルオフィスを開業するビルオーナー、運営事業者が急増しており、昨年11月に、レンタルオフィスを比較検討できるポータルサイト「レンタルオフィスコンシェル」を開設しました。 現在、当サイトの紹介物件は約100施設。当初は東京、横浜といった首都圏が中心でしたが、現在は札幌や名古屋等の施設も掲載しており、全国的にレンタルオフィス開業の流れが広がっているように感じられます。 また、当サイトではレンタルオフィスにも様々な利用形態が存在し、シェアオフィスもいわばレンタルオフィスの一形態です。そこで、個室・専有部の有無、時間貸し・バーチャルオフィス等の利用形態、 さらに受付や会議室、法人登記、24時間利用、OA機器といったサービス内容を詳細に決めて検索することで、ユーザーの希望に合致した施設を素早く検索できるようにしています。 レンタルオフィスは東京だけで150施設が存在するといわれており、現在も開業ペースは衰えていないため、施設同士の競合はより激しくなると予想されます。 現状ではレンタルオフィスの告知は自社HPなどで細々と行っていますが、当サイトのようなポータルサイトが誕生し、より不特定多数のユーザーに訴求できる環境が整いつつあります。 当サイトの場合、掲載料金は月額固定ではなく、問い合わせ件数による課金となっていますので、ユーザーからの反応に見合った広告効果が見込めます。

週刊ビル経営のホームページはこちら
レンタルオフィス探しにお困りの方、条件にあったレンタルオフィスをご提案させて頂きます。