ROC COLUMN

レンタルオフィスご利用の流れ

レンタルオフィスご利用の流れイメージ

一人から複数人まで、その利用人数や目的に合わせて最も適したオフィスが選択でき、駅前なのに破格の安さで借りることが可能となるレンタルオフィス。その利用時の流れも実に簡単です。
まずはインターネットや口コミなどでどのレンタルオフィスが最も適当なのかを品定めして、そのウェブサイトからアポイントメントを取ることから始めましょう。その後、直接オフィスを訪れて、どんな部屋があるのか、オフィス内のどんな設備やサービスが利用可能なのかといった項目に関して担当者から説明を受けます。そこでじっくりと内覧を行い、良い物件かどうかを判断しましょう。希望通りの物件が見つかったのであれば、利用時の流れとしては次に申し込みを行います。たいていのレンタルオフィスでは審査を行っています。審査そのものはそれほど厳しいものではありませんが、利用者が反社会的な団体であったり、あるいは公序良俗に反する団体であったりすることも可能性としては考えられますから、このような可能性を排除するために審査が行われる場合が多いようです。審査には書類の提出が必要となることが多いですから、申し込みの時には必要な書類を忘れずに準備しておきましょう。
そして、審査に通過すれば契約を交わすことになります。できることなら事前に契約書をもらっておいて、そして契約書の内容をすべて理解しておきましょう。一般的な賃貸契約とは異なって、独自の条項がいろいろと定められている場合がありますので、隅から隅まで読んで理解しておいて損はありません。また、場合によっては契約で交わされた初期費用を最初に振り込まなければならないケースもあります。
こうしてすべての流れが滞り無く進んで、最終的にレンタルオフィスの鍵が手渡され(あるいは郵送され)、晴れて利用開始という運びとなります。

レンタルオフィスコラム一覧へ

レンタルオフィスを探す

閉じる

レンタルオフィスの種類・利用形態

個室・専有のレンタルオフィス 一般的なレンタルオフィスのサービス利用形態で、人数に合わせてオフィス空間と机や椅子などの設備を専有できるタイプ。 会議室や受付、オフィス機器が共有の物件もあり、ワークスタイルや規模、予算に応じて様々な選択が可能です。
コワーキングスペース・シェアオフィス 複数の会社でオフィス空間やオフィス設備を共有するタイプのレンタルオフィスで、シェアオフィス、 シェアードオフィスとして知られています。 他社社員を身近に感じられる現代的な利用方法で、個室・専有に比べコスト削減が期待できます。
時間貸しのレンタルオフィス 1日に数時間、毎週特定の日に数時間など、時間単位で必要なときに無駄なく利用できるタイプでその手軽さが魅力です。 決まった時間に自分だけのワークスペースがほしい方や一時的にリモートオフィス、サテライトオフィスを持ちたい企業様に最適です。
バーチャルオフィス バーチャルオフィスでは、住所、電話番号の貸与や郵便物の転送と電話応対サービスなどを利用して、実際に事務所を借りなくても オフィスの機能だけを利用できる革新的なサービスです。自宅や地方に拠点を置きながら都心一等地のステータスで対外業務が行えます。

閉じる

レンタルオフィスのサービス

受付サービス 有人の受付があり、来客の対応や案内をしてくれるサービス。物件によっては秘書サービスが同じ対応を兼ねている場合があります。
電話応対サービス 電話の対応や転送サービス。
秘書サービス 秘書サービス。サービス内容は物件によって異なりますが、受付サービスと似たサービスが受けられます。
机・椅子完備 机や椅子などのオフィス設備が最初から利用できます。
OA機器完備 コピー機、プリンターなどの印刷機器が利用できます。物件によって専有もしくは共有になります。
FAX完備 FAXや電話などの通信機器などが利用できます。
ネット環境完備 無線もしくは有線によるインターネット環境が用意されいます。
会議室あり 会議室やミーティングルームが利用できます。物件によって専有もしくは共有になります。
法人登記可 法人登記が可能なレンタルオフィス物件です。
24時間利用可 24時間利用が可能なレンタルオフィス物件です。
レンタルオフィス探しにお困りの方、条件にあったレンタルオフィスをご提案させて頂きます。