ROC COLUMN

地方のレンタルオフィスは

地方のレンタルオフィスはイメージ

地方のレンタルオフィスは今どんどん拡大していると言っていいでしょう。今まで東京首都圏のみの展開を行っていた運営会社も、徐々にその裾野を広げており、全国に展開をし始めています。この状況は、東京以外で企業をしたい人や移転を考えている会社にとって朗報と言えるでしょう。
地方のレンタルオフィスを利用するメリットはどのようなものがあるのでしょうか。
まず地元で開業を目指す人たちにとっては、手軽に利用できるレンタルオフィスが起業の足がかり的な存在となります。昔は地方よりも都心のほうがビジネスに有利でしたが、通信・交通インフラの発展により、昨今では地方にもビジネスチャンスが増えてきました。それに伴い地方であってもビジネスアイテムやサービスが充実しているレンタルオフィスが出始めてきているので有効利用しない手はありません。
また、地方のレンタルオフィスはセカンドオフィスの利用としても注目を集めています。例えば、継続的な取引先が地方にある、あるいは力を入れている販売区が自社から離れた地方などだった場合、遠い本社から頻繁に連絡を取ったり品物や書類の受け渡しをするより、現地に支店を持つほうがはるかに便利でなおかつ時間を節約でき効率的です。さらに、地方の地価はたいてい大都市より低いことから、レンタルオフィスの賃貸料なども低額ですみますので、セカンドオフィスをとりあえず設置したい場合などに、大都市ではなく地方にレンタルオフィスを借りることで経費を低く抑えることが出来るでしょう。
このように、レンタルオフィスは手軽さ、便利さ、早さを兼ね備えているため、急な支店展開や段階的な地方展開を計画している企業にとって、地方のレンタルオフィスはコスト面でもスピード感でも重宝するこでしょう。
この他、地方にレンタルオフィスをおくことで、地元企業や地元の住人との直接的な接点を持つことができ、それがより深い交流にもつながり、また業務上にもよい影響が期待できます。さらに現地ならではの商品がより購入しやすくなり、また地元にいなければなかなか伝わらない情報も得やすくなります。

レンタルオフィスコラム一覧へ

レンタルオフィスを探す

閉じる

レンタルオフィスの種類・利用形態

個室・専有のレンタルオフィス 一般的なレンタルオフィスのサービス利用形態で、人数に合わせてオフィス空間と机や椅子などの設備を専有できるタイプ。 会議室や受付、オフィス機器が共有の物件もあり、ワークスタイルや規模、予算に応じて様々な選択が可能です。
コワーキングスペース・シェアオフィス 複数の会社でオフィス空間やオフィス設備を共有するタイプのレンタルオフィスで、シェアオフィス、 シェアードオフィスとして知られています。 他社社員を身近に感じられる現代的な利用方法で、個室・専有に比べコスト削減が期待できます。
時間貸しのレンタルオフィス 1日に数時間、毎週特定の日に数時間など、時間単位で必要なときに無駄なく利用できるタイプでその手軽さが魅力です。 決まった時間に自分だけのワークスペースがほしい方や一時的にリモートオフィス、サテライトオフィスを持ちたい企業様に最適です。
バーチャルオフィス バーチャルオフィスでは、住所、電話番号の貸与や郵便物の転送と電話応対サービスなどを利用して、実際に事務所を借りなくても オフィスの機能だけを利用できる革新的なサービスです。自宅や地方に拠点を置きながら都心一等地のステータスで対外業務が行えます。

閉じる

レンタルオフィスのサービス

受付サービス 有人の受付があり、来客の対応や案内をしてくれるサービス。物件によっては秘書サービスが同じ対応を兼ねている場合があります。
電話応対サービス 電話の対応や転送サービス。
秘書サービス 秘書サービス。サービス内容は物件によって異なりますが、受付サービスと似たサービスが受けられます。
机・椅子完備 机や椅子などのオフィス設備が最初から利用できます。
OA機器完備 コピー機、プリンターなどの印刷機器が利用できます。物件によって専有もしくは共有になります。
FAX完備 FAXや電話などの通信機器などが利用できます。
ネット環境完備 無線もしくは有線によるインターネット環境が用意されいます。
会議室あり 会議室やミーティングルームが利用できます。物件によって専有もしくは共有になります。
法人登記可 法人登記が可能なレンタルオフィス物件です。
24時間利用可 24時間利用が可能なレンタルオフィス物件です。