ROC COLUMN

コワーキングスペースとは?

コワーキングスペースとは?イメージ

コワーキングスペースは最近都市部を中心に広がっている新たな形のオフィスです。
通常のオフィスというものは同じ会社の人と場所を共有しているものですが、このコワーキングスペースというものはオフィスは共有していてもそれぞれ別々の会社に所属していたり、また個人事業主であることが特徴なのです。
つまりただ仕事をするスペースだけを貸し出すというサービスなのです。 簡単に言えばシェアハウスのオフィス版のようなものになります。
ですのでコワーキングスペースには最初からデスクが付属しています。契約をするとデスクが借りられるのです。
そして仕事をするスペースですのでインターネット環境は整っています。そしてファックスなどのサービスも付属しているのです。お金を出すと利用できるコピー機などもあります。
コワーキングスペースのメリットは利用料金の安さです。 都市部でオフィスを借りると概ね一か月で数十万程度かかってしまいます。
しかしコワーキングスペースは共有スペースを利用するので一か月あたりの利用料が非常に安いので、都心でも一か月三万円程度で利用できるケースがあります。保証金などもかかりません。
そしてコワーキングスペースの特徴的なメリットの1つとして、他の仕事をしている方と知り合いになれるという点があります。卒業と同時に起業を考えている大学生、外回り中心のサラリーマン、ノマドワーカーなど実に様々な方が利用しています。
レンタルオフィスの場合は、間仕切りがあり閉鎖空間というところが多いのですが、コワーキングスペースでは閉鎖空間はほとんど存在しません。個人のブースがあっても扉がない、パーテッションで区切られていても立ち上がれば隣のスペースが見えるなど風通しの良さを追求しているところが多いようです。協同して働き、新しい何かを生み出すことを目的としている空間、ということです。自宅をオフィスにするのも一つの方法ですが、自宅では仕事に集中するのが難しい、という方にも適しています。
またコワーキングスペースの中には一時間単位で利用できるところもあるので、会社に所属している方などが一時的に仕事をするスペースとしての利用も可能です。

レンタルオフィスコラム一覧へ

レンタルオフィスを探す

閉じる

レンタルオフィスの種類・利用形態

個室・専有のレンタルオフィス 一般的なレンタルオフィスのサービス利用形態で、人数に合わせてオフィス空間と机や椅子などの設備を専有できるタイプ。 会議室や受付、オフィス機器が共有の物件もあり、ワークスタイルや規模、予算に応じて様々な選択が可能です。
コワーキングスペース・シェアオフィス 複数の会社でオフィス空間やオフィス設備を共有するタイプのレンタルオフィスで、シェアオフィス、 シェアードオフィスとして知られています。 他社社員を身近に感じられる現代的な利用方法で、個室・専有に比べコスト削減が期待できます。
時間貸しのレンタルオフィス 1日に数時間、毎週特定の日に数時間など、時間単位で必要なときに無駄なく利用できるタイプでその手軽さが魅力です。 決まった時間に自分だけのワークスペースがほしい方や一時的にリモートオフィス、サテライトオフィスを持ちたい企業様に最適です。
バーチャルオフィス バーチャルオフィスでは、住所、電話番号の貸与や郵便物の転送と電話応対サービスなどを利用して、実際に事務所を借りなくても オフィスの機能だけを利用できる革新的なサービスです。自宅や地方に拠点を置きながら都心一等地のステータスで対外業務が行えます。

閉じる

レンタルオフィスのサービス

受付サービス 有人の受付があり、来客の対応や案内をしてくれるサービス。物件によっては秘書サービスが同じ対応を兼ねている場合があります。
電話応対サービス 電話の対応や転送サービス。
秘書サービス 秘書サービス。サービス内容は物件によって異なりますが、受付サービスと似たサービスが受けられます。
机・椅子完備 机や椅子などのオフィス設備が最初から利用できます。
OA機器完備 コピー機、プリンターなどの印刷機器が利用できます。物件によって専有もしくは共有になります。
FAX完備 FAXや電話などの通信機器などが利用できます。
ネット環境完備 無線もしくは有線によるインターネット環境が用意されいます。
会議室あり 会議室やミーティングルームが利用できます。物件によって専有もしくは共有になります。
法人登記可 法人登記が可能なレンタルオフィス物件です。
24時間利用可 24時間利用が可能なレンタルオフィス物件です。
レンタルオフィス探しにお困りの方、条件にあったレンタルオフィスをご提案させて頂きます。