ROC COLUMN

レンタルオフィスのメリットは?

レンタルオフィスのメリットは?イメージ

レンタルオフィスのメリットは何と言っても手軽に起業することができるという点でしょう。一般的な賃貸オフィスを借りるときには、たいていはコンクリート打ち放しの状態です。ですから、内装工事を行って使えるようにすることが必要となります。そして、デスクやチェアなどを購入し、コピー機などの事務機器のリース契約を結ぶということも必要となってきます。これに多くの費用がかかるのが現実です。レンタルオフィスの場合、最初から内装は行われていますし、オフィス家具や事務機器も設置されていますから、この点でコスト削減ができるというメリットは大きいでしょう。
また、一般的な賃貸オフィスを借りるときには、まず保証金が必要となります。保証金の金額は賃貸物件によって異なっていますが、半年分くらいの賃料が必要となる場合も珍しくはありません。安いものを探しても、4ヶ月分くらいの賃料は必要となってくるでしょう。レンタルオフィスでは、保証金は1ヶ月分から2ヶ月分が相場です。保証金だけを比較してもかなり安いということが分かるでしょう。このメリットは非常に大きいと考えられます。
そして、セキュリティがしっかりしているのもレンタルオフィスのメリットです。レンタルオフィスを運営している会社は、フロアをいくつかのスペースに分けて運営しています。また、出入り口はひとつに絞られていることも多く、会社によっては受付として機能させているところもあります。そのため不審者の侵入を防ぐことができます。この受付サービスは無料としているところもあるので、少数の会社を運営する企業にとってうれしいサービスと言えるでしょう。
他には、状況に応じて応接室や会議室を借りることができるといったメリットがあります。どうしても取引先と商談をしなければいけない場面で、オフィス以上のスペースを利用しなければいけないときがやってくるかもしれません。そんなときこうしたスペースが設けてあるところであれば、安心して会社運営をすることができます。
レンタルオフィスのメリットを最大限に生かせば、よりよい会社運営をすることが可能となります。

レンタルオフィスコラム一覧へ

レンタルオフィスを探す

閉じる

レンタルオフィスの種類・利用形態

個室・専有のレンタルオフィス 一般的なレンタルオフィスのサービス利用形態で、人数に合わせてオフィス空間と机や椅子などの設備を専有できるタイプ。 会議室や受付、オフィス機器が共有の物件もあり、ワークスタイルや規模、予算に応じて様々な選択が可能です。
コワーキングスペース・シェアオフィス 複数の会社でオフィス空間やオフィス設備を共有するタイプのレンタルオフィスで、シェアオフィス、 シェアードオフィスとして知られています。 他社社員を身近に感じられる現代的な利用方法で、個室・専有に比べコスト削減が期待できます。
時間貸しのレンタルオフィス 1日に数時間、毎週特定の日に数時間など、時間単位で必要なときに無駄なく利用できるタイプでその手軽さが魅力です。 決まった時間に自分だけのワークスペースがほしい方や一時的にリモートオフィス、サテライトオフィスを持ちたい企業様に最適です。
バーチャルオフィス バーチャルオフィスでは、住所、電話番号の貸与や郵便物の転送と電話応対サービスなどを利用して、実際に事務所を借りなくても オフィスの機能だけを利用できる革新的なサービスです。自宅や地方に拠点を置きながら都心一等地のステータスで対外業務が行えます。

閉じる

レンタルオフィスのサービス

受付サービス 有人の受付があり、来客の対応や案内をしてくれるサービス。物件によっては秘書サービスが同じ対応を兼ねている場合があります。
電話応対サービス 電話の対応や転送サービス。
秘書サービス 秘書サービス。サービス内容は物件によって異なりますが、受付サービスと似たサービスが受けられます。
机・椅子完備 机や椅子などのオフィス設備が最初から利用できます。
OA機器完備 コピー機、プリンターなどの印刷機器が利用できます。物件によって専有もしくは共有になります。
FAX完備 FAXや電話などの通信機器などが利用できます。
ネット環境完備 無線もしくは有線によるインターネット環境が用意されいます。
会議室あり 会議室やミーティングルームが利用できます。物件によって専有もしくは共有になります。
法人登記可 法人登記が可能なレンタルオフィス物件です。
24時間利用可 24時間利用が可能なレンタルオフィス物件です。