ROC COLUMN

シェアオフィスとレンタルオフィス

シェアオフィスとレンタルオフィスイメージ

レンタルオフィスにはいろいろなタイプのものがありますが、その一つとしてシェアオフィスがあります。一般的なレンタルオフィスでは、賃貸オフィスのように独立した空間を借りることができ、一つの部屋にデスクなどが設置されていて、オフィスとして利用する事ができるような空間が確保されていますが、これをさらに規模を小さくしたのもがシェアオフィスだと考えれば良いでしょう。
シェアオフィスでは多くのものを共有(シェア)します。まず空間を共有する事になります。独立した空間を借りることができるのではなくて、一つの広い部屋の中の一つのデスクを借りるというのが一般的です。デスク同士は簡単なパーティションでしきられている場合もありますし、カーテンでしきられているだけの場合もありますが、一つの部屋のように完全に仕切られているわけではありません。これがレンタルオフィスとの大きな違いだといえるでしょう。
そして、共有する設備は多くあります。コピー機やFAXなども共有する事になります。いろいろなものを共有する事によって、利用するためのコストを抑える事に成功しているといえるでしょう。そのために、一般的な賃貸オフィスを利用する場合に比べると料金は格段に安くなっているのです。
シェアオフィスの利用形態には月額利用の場合と時間貸しの場合があります。時間貸しの場合には、利用した時間に応じて料金が発生する仕組みですから、一時的に使う人にとっては便利な利用形態だといえるでしょう。普段利用するオフィスがあって、一時的に別の場所で作業をするためのオフィスがほしいという人にとっては、時間貸しで利用した方が良い場合も多いでしょう。

レンタルオフィスコラム一覧へ

レンタルオフィスを探す

閉じる

レンタルオフィスの種類・利用形態

個室・専有のレンタルオフィス 一般的なレンタルオフィスのサービス利用形態で、人数に合わせてオフィス空間と机や椅子などの設備を専有できるタイプ。 会議室や受付、オフィス機器が共有の物件もあり、ワークスタイルや規模、予算に応じて様々な選択が可能です。
コワーキングスペース・シェアオフィス 複数の会社でオフィス空間やオフィス設備を共有するタイプのレンタルオフィスで、シェアオフィス、 シェアードオフィスとして知られています。 他社社員を身近に感じられる現代的な利用方法で、個室・専有に比べコスト削減が期待できます。
時間貸しのレンタルオフィス 1日に数時間、毎週特定の日に数時間など、時間単位で必要なときに無駄なく利用できるタイプでその手軽さが魅力です。 決まった時間に自分だけのワークスペースがほしい方や一時的にリモートオフィス、サテライトオフィスを持ちたい企業様に最適です。
バーチャルオフィス バーチャルオフィスでは、住所、電話番号の貸与や郵便物の転送と電話応対サービスなどを利用して、実際に事務所を借りなくても オフィスの機能だけを利用できる革新的なサービスです。自宅や地方に拠点を置きながら都心一等地のステータスで対外業務が行えます。

閉じる

レンタルオフィスのサービス

受付サービス 有人の受付があり、来客の対応や案内をしてくれるサービス。物件によっては秘書サービスが同じ対応を兼ねている場合があります。
電話応対サービス 電話の対応や転送サービス。
秘書サービス 秘書サービス。サービス内容は物件によって異なりますが、受付サービスと似たサービスが受けられます。
机・椅子完備 机や椅子などのオフィス設備が最初から利用できます。
OA機器完備 コピー機、プリンターなどの印刷機器が利用できます。物件によって専有もしくは共有になります。
FAX完備 FAXや電話などの通信機器などが利用できます。
ネット環境完備 無線もしくは有線によるインターネット環境が用意されいます。
会議室あり 会議室やミーティングルームが利用できます。物件によって専有もしくは共有になります。
法人登記可 法人登記が可能なレンタルオフィス物件です。
24時間利用可 24時間利用が可能なレンタルオフィス物件です。
レンタルオフィス探しにお困りの方、条件にあったレンタルオフィスをご提案させて頂きます。