ROC COLUMN

最近よく聞くSOHOとは?

最近よく聞くSOHOとは?イメージ

SOHOとは、Small Office Home Officeの略で、小規模なオフィスや自宅で行う事のできる事業、あるいはそれを行っている人を意味します。
具体的にどれくらいの規模の事業を指すのかという厳密な決まりはありません。個人事業を指す場合もありますし、法人を設立している場合でも社員が一人しかいない会社を指す場合があります。
自宅を事務所として使っていて、社員が何人かいる場合であってもSOHOと呼ばれることもあり、非常に広い範囲で使われるのです。

SOHOを実践している人は、自宅で働くことができるので通勤の必要がなく、交通費もかかりません。
時間も自由に使える場合が多く、育児や家事などの合間に仕事をすることも可能です。好きな時に休憩が取れる場合がほとんどですから、かなり時間的には自由だと考えていいでしょう。

SOHOと起業直後のベンチャー企業を比較すると、SOHOにはそれ自身で完成されたものだというイメージが強く出ます。
一方でベンチャー企業の場合は、起業後の初期段階であるというだけで、今後は拡大していく可能性もあると言えるでしょう。
むしろ、ベンチャー企業を育てているベンチャーキャピタルなどは、ベンチャー企業の規模を拡大させていくことを目標としています。
ですから、ベンチャー企業は、成功すれば規模は大きくなると考えるのが一般的です。これに対してSOHOは拡大志向がない場合を指すことが多い。 つまり、規模としては完結されているというのがSOHOに対する一般的な見解でしょう。
もちろんSOHOでも売り上げを伸ばそうとする姿勢や事業拡大を目指すこともあると思いますが、全体的に見れば少人数でできる業務のみを行う事が多いのがSOHOの特徴です。積極的に規模を拡大することを最初から目指していないことも多いので、この点が他のタイプの会社とは異なっていると言えるでしょう。

レンタルオフィスコラム一覧へ

レンタルオフィスを探す

閉じる

レンタルオフィスの種類・利用形態

個室・専有のレンタルオフィス 一般的なレンタルオフィスのサービス利用形態で、人数に合わせてオフィス空間と机や椅子などの設備を専有できるタイプ。 会議室や受付、オフィス機器が共有の物件もあり、ワークスタイルや規模、予算に応じて様々な選択が可能です。
コワーキングスペース・シェアオフィス 複数の会社でオフィス空間やオフィス設備を共有するタイプのレンタルオフィスで、シェアオフィス、 シェアードオフィスとして知られています。 他社社員を身近に感じられる現代的な利用方法で、個室・専有に比べコスト削減が期待できます。
時間貸しのレンタルオフィス 1日に数時間、毎週特定の日に数時間など、時間単位で必要なときに無駄なく利用できるタイプでその手軽さが魅力です。 決まった時間に自分だけのワークスペースがほしい方や一時的にリモートオフィス、サテライトオフィスを持ちたい企業様に最適です。
バーチャルオフィス バーチャルオフィスでは、住所、電話番号の貸与や郵便物の転送と電話応対サービスなどを利用して、実際に事務所を借りなくても オフィスの機能だけを利用できる革新的なサービスです。自宅や地方に拠点を置きながら都心一等地のステータスで対外業務が行えます。

閉じる

レンタルオフィスのサービス

受付サービス 有人の受付があり、来客の対応や案内をしてくれるサービス。物件によっては秘書サービスが同じ対応を兼ねている場合があります。
電話応対サービス 電話の対応や転送サービス。
秘書サービス 秘書サービス。サービス内容は物件によって異なりますが、受付サービスと似たサービスが受けられます。
机・椅子完備 机や椅子などのオフィス設備が最初から利用できます。
OA機器完備 コピー機、プリンターなどの印刷機器が利用できます。物件によって専有もしくは共有になります。
FAX完備 FAXや電話などの通信機器などが利用できます。
ネット環境完備 無線もしくは有線によるインターネット環境が用意されいます。
会議室あり 会議室やミーティングルームが利用できます。物件によって専有もしくは共有になります。
法人登記可 法人登記が可能なレンタルオフィス物件です。
24時間利用可 24時間利用が可能なレンタルオフィス物件です。
レンタルオフィス探しにお困りの方、条件にあったレンタルオフィスをご提案させて頂きます。