レンタルオフィスが多くの人に利用される理由

  • 都心の一等地にあったとしても低価格
  • レンタルオフィスを利用しているのは、ベンチャー企業や都心部にクライアントを持つSOHO

都心の一等地 起業する際に、オフィスをどこにするかは最初に考えなければいけません。レンタルオフィスが多くの人に利用される理由は、都心の一等地にあったとしても低価格だからです。大部分が街中で、駅や地下鉄のそばにあることからアクセスしやすくなっています。
レンタルオフィスのサイズは、個人向けの小さなスペースから法人向けの大きなスペースまでいろいろ揃っています。
個人向けの小さなスペースで起業して、その後余裕ができたら大きなスペースへ変更する、というのも可能です。業績に応じて事務所の大きさを変更できるのがレンタルオフィスの魅力と言えるでしょう。
レンタルオフィスを利用しているのは、ベンチャー企業や都心部にクライアントを持つSOHOなどです。
ひとつのフロアに複数の企業が入っているので、ベンチャー企業同士による情報交換が可能です。新たなビジネスチャンスに発展するような可能性も秘めています。
安い価格で提供できるのは、受付や事務機器などを複数で共用するため、ランニングコストを抑えることができるからでしょう。

低コストで事業をはじめることのできるレンタルオフィス

  • 会社が軌道に乗るまで、賃貸料金はできるだけ安く抑えたい
  • レンタルオフィスの多くは利用期間を短くしているため、新たな契約や解約が簡単にできる

コピー機会社を立ち上げて事業をはじめるときに、事務所の賃貸料金などは入ってくる仕事量に関係なく毎月出ていってしまいます。そのため会社が軌道に乗るまで、賃貸料金はできるだけ安く抑えた方がよいでしょう。
そんな企業のニーズに応えているのが、レンタルオフィスです。
事務所の住所と電話番号を借りて、かかってきた電話にはオペレーターが対応します。電話番を雇う必要がないので、人件費のカットにもなります。
またレンタルオフィスには机とイス、コピー機やファックスなどの事務機器が揃っているのも魅力です。個室以外にも会議室を時間単位で借りることができますし、届いた郵便物を受け取ってくれるサービスもあります。
その他、オプションで必要なサービスを付け加えることが可能です。レンタルオフィスの多くは利用期間を短くしているため、新たな契約や解約が簡単にできます。
会社設立時は低コストのレンタルオフィスを利用し、事業が軌道に乗ったところで広いオフィスを構えるのが賢い方法でしょう。

レンタルオフィスを選ぶ際の決め手となるポイントは?

  • 好立地の場所にオフィスを構えることができる
  • 個室のオフィスはエアコン環境は快適

エアコン 自宅をオフィスに使う場合、コストを安く抑えることができる代わりに、住所をホームページに載せる必要があったり、仕事とプライベートの切り替えが難しくなるなどの欠点が挙げられます。また生活感のある部屋に取引先を呼ばなければならないのも抵抗があるでしょう。
レンタルオフィスなら、繁華街に近い駅などアクセスの良い物件だとしても賃貸オフィスよりも安く借りられます。好立地の場所にオフィスを構えることができるので、ホームページに自信を持って載せられるでしょう。
また自宅の場合は寝る場所と働く場所が一緒だったりしますが、レンタルオフィスなら会社に通っているという実感が持てるので集中力も向上します。
いざ借りようとする時に、借りるスペースを個室にするか、パーテーションタイプの部屋にするかで悩む方が多いのではないでしょうか。個室型の方は天井まで壁がありますが、パーテーションタイプの場合は、仕切りだけなので周囲の音が漏れやすくなります。
また個室の場合はそれぞれの部屋にエアコンがあるため、自分の好きな温度設定ができますが、パーテーションタイプの場合はエアコンのそばのスペースは涼しく、エアコンから離れた場所は暑くなります。
複数の人が契約しているので、暑がりの人やに寒がりの人がいると、自分の快適な温度で仕事ができない場合もあるかもしれません。パーテーションタイプより料金設定は高めですけど、予算が許すなら個室の方が仕事環境は良いと言えるでしょう。

信頼感を得られるレンタルオフィスになっている

  • 貸す方がしっかりと掃除を行い、社内を清潔に保つのが一般的
  • レンタルオフィスであってもしっかりと会社の看板を掲げる
  • 住所や電話番号、電話応対サービスのみ利用できる、バーチャルオフィスがある

会社は信頼が第一ですが、起業したばかりのときはまだ実績が全くないので信頼されないことも多いでしょう。そんなときはどのようにして信頼できるかできないかを判断するのでしょうか。
一つ目の判断材料は「清潔感と整理整頓ができているか」です。古いビルであっても清潔感があって、共有部分も綺麗になっていれば信頼される可能性がアップします。逆に新しいビルであっても、暗い印象の建物や整理整頓ができていないビルであれば、あまり信用されなくなってしまいます。外部の人から見れば自分の持ち物なのか、レンタルオフィスなのかすぐに判断できないので、ビル全体の印象はとても大切になると言えるでしょう。
また外側が綺麗であったとしても、社内に清潔感なく整理整頓ができていなければ、「仕事も適当なんじゃないか?」というような印象を与えかねません。レンタルオフィスの場合は貸す方がしっかりと掃除を行い、社内を清潔に保つのが一般的になっています。来客にネガティブな印象を与えないよう、レンタルオフィス側はしっかりと配慮してくれています。しかし自分のデスク周りが汚かったら台無しです。そうならないよう収納する机や棚などの配置も重要になってくるでしょう。収納グッズを自分で持ち込むのはもちろん構いませんし、中にはレンタルオフィスに最初から完備されていることもあります。清潔感を重要視する人にはレンタルオフィスはおすすめです。
二つ目の判断材料は「看板」です。レンタルオフィスを借りている人の中には、しっかり看板を掲げていない会社も存在しています。このような会社はあまり信用されませんので、レンタルオフィスであってもしっかりと会社の看板を掲げましょう。またビルの名前も多少関係してくるので、借りるときは変な名前のビルは控えた方がよいでしょう。
三つ目の判断材料は「立地」です。実は会社の立地を見て信頼できるかどうかを判断する人はかなり多いんです。たとえば提供しているサービスや商品が一緒の場合、都心の一等地にある会社と、聞いたことのない場所にある会社では誰もが前者の会社の方を信頼するでしょう。都心の一等地というのはそれだけでステータスになるのです。レンタルオフィスには都心のオフィスが多数あるため、信頼を得られる立地が手に入ります。またお金の都合で都心のレンタルオフィスを借りたくても借りられない…という方には「バーチャルオフィス」というサービスがおすすめです。オフィス空間や設備は利用できませんが、住所や電話番号、電話応対サービスなどが利用できます。事務所を借りなくてもオフィスとしては機能できるので、信頼を得ることが可能です。

ランニングコストの安いレンタルオフィス

  • 光熱費などの諸経費も利用料金の中に含まれている
  • レンタルオフィスの大きなメリットは「立地条件が良い」こと

パソコン不動産屋でオフィスを借りる場合、契約時に敷金や礼金が必要になります。またビジネス用の家具やOA機器なども揃えなければならず、高額な初期費用がかかってしまいます。
それに比べてレンタルオフィスの場合は、一般的な賃貸オフィスよりランニングコストを抑えて利用することが可能です。デスクや椅子は部屋ごとに付いていますし、光熱費などの諸経費も利用料金の中に含まれています。
また、レンタルオフィスの大きなメリットとして、「立地条件が良い」というのがあげられます。会社の住所がどこかによって取引先の信用度が高くなる場合がありますが、個人だと都心の一等地にオフィスを構えるのは難しいでしょう。しかしレンタルオフィスは、地価の高い場所に建っていることが珍しくありません。都心の一等地に会社の住所を持てるので、はじめからビジネスに有利な環境の中で仕事をすることができます。
1人向けのレンタルオフィスから大人数に対応したものまで複数用意されていますから、将来会社が大きくなって従業員が増えたとしても借り換えが簡単にできます。この逆で、仕事を辞めるときも最低限の資金で済み、引っ越し費用もかかりません。
さらにレンタルオフィスには、郵便や宅配便の代行、電話秘書サービス、会議室や応接室の利用など、必要に応じてサービスを追加することができます。最近ではコストカットのため、支店をレンタルオフィスに切り替える企業も増えているみたいですよ。

レンタルオフィスのメリットとデメリット

  • 一般的なレンタルオフィスには受付があり、電話応対してもらえる
  • パーテーションで仕切られただけのオフィスを借りた場合、電話の話し声が聞こえたり、物音が周囲に漏れてしまう

パソコン 一般的なレンタルオフィスには受付があり、電話応対してもらえます。また事務機器なども共用で利用するでき、机と椅子もセットになっていますから、ほとんど自分で家具類をそろえる必要はありません。
来客がある場合は、会議室や応接室を別に借りることも可能です。会議室が無料で使えるところと時間貸しのところがあるので、借りる際はしっかり確認してください。
不動産屋で事務所を借りるときには敷金や礼金がかかりますが、レンタルオフィスの場合は、利用料の3ヶ月分程度の保証金で済むため、初期費用を安くすることができます。事務所を借りるよりはるかに安く利用できるので、最近では利用する企業が増えてきています。
そんな節約効果の高いレンタルオフィスですが、メリットばかりではなくデメリットもあります。パーテーションで仕切られただけのオフィスを借りた場合、電話の話し声が聞こえたり、物音が周囲に漏れてしまうことがあります。パソコンのキーボードを打つ音がうるさい、ドアの開け閉めが乱暴など、騒音が気になる人は環境を選ぶ必要があります。
その場所で長く仕事をしたいと考える人は、個室の方が適していると言えるでしょう。
もう1つのデメリットは「ネット回線のつながりにくさ」です。共益費の中に光熱費やネット代が含まれていますが、大勢で共有しているようなところだとネットがつながりにくい場合もあります。レンタルオフィスのメリットとデメリットをしっかり理解した上で、上手に利用してください。

サービスの数が多いレンタルオフィス

  • 自分にメリットのあるサービスが多い物件に決めるべき

レンタルオフィスを選ぶ理由は人によっていろいろありますが、やはりサービスの多さで決めるという人もいるでしょう。
自分で土地やビルの一室を購入した場合は、家具はもちろん受付をする人材やOA機器まで1からすべて自分で揃えなければなりません。しかしレンタルオフィスであれば最初から多数のサービスが受けられるので、その分費用を浮かすことができます。
では、レンタルオフィスにはどのようなサービスが導入されているのでしょうか。レンタルオフィスのサービスとしてよく知られているのは、「有人の受付が存在している」「ファックスや電話などの通信サービスが導入されている」「机や椅子など一般的なオフィス用品が完備されている」「プリンターやコピー機などのOA機器が完備されている」「インターネットが初めから使用できる環境になっている」「会議室が用意されている」などがあります。
有人の受付や秘書サービスが導入されている物件は人件費がかかってしまうので、その分利用料が高くなっているケースが多いです。起業したばかりでお金があまりない場合は、そのサービスのあるレンタルオフィスは避けるべきかもしれません。
ファックスや電話も今では携帯電話やスマートフォンがあるので必要ないでしょう。ただファックスや電話などの通信サービスが導入されているだけで利用料が大きく異なることは少ないので、利用するかしないかは料金次第と言えるでしょう。
逆にプリンターやコピー機などのOA機器は導入されている方が絶対に便利ですし、インターネットも利用できた方がよいので、このようなサービスが導入されている物件を中心に探すべきです。
会議室もやはり完備されていた方が便利ですが、職種によって変わってきます。頻繁に来客があるようなら完備されていた方がよいですが、来客がほとんど来ないのであれば、特に会議室がなくても困ることはないでしょう。
またレンタルオフィスの中には利用できる時間が決まっている場合もあります。残業することなくきっちり時間に帰れるのなら利用時間が決まっていて問題ありませんが、やはり24時間いつでも利用できる物件の方が仕事がしやすい環境だと言えるでしょう。
レンタルオフィスを決めるときにはサービスの数がただ多ければよいのではなく、自分にメリットのあるサービスが多い物件に決めるべきです。そのためには何のサービスが必要で何のサービスが必要でないのかをしっかりと理解していなければいけません。

レンタルオフィス探しにお困りの方、条件にあったレンタルオフィスをご提案させて頂きます。