ROC COLUMN

格安のレンタルオフィスを探す際に決めておくべき事

格安のレンタルオフィスを探す際に決めておくべき事イメージ

格安、激安のレンタルオフィスを手当たり次第に問い合わせて見てみるのも一つの手法だと思いますが、 予め自分の業務に必要なものは何かをはっきり注意し決めておくことで、全てのレンタルオフィス物件に問い合わせを必要なく、 悩み所もスッキリさせて合理的に時間を掛けずに理想的なレンタルオフィスを決めましょう。

  1. 1. レンタルオフィスの特性を見直そう
  2. 2. レンタルオフィスの価格設定とは?
  3. 3. 予算をしっかり決める
  4. 4. 格安を基準に他の優先順位を決める
  5. 5. (まとめ)ニーズにマッチしない場合は業務の円滑化と契約形態を再考する

1.レンタルオフィスの特性を見直そう

レンタルオフィスとは、机、いすなどの必要最低限のオフィス家具がすでに用意され、インターネット、プリンターなども無料、または有料で提供する形態の賃貸オフィスです。

主に個室として提供されますが、基本的に狭いスペースとなっています。

⇒ レンタルオフィスとは

通常の賃貸オフィスと比較すると、賃料が比較的安価で、特に料金面では初期費用の少なさが大きなメリットとなります。

また、オフィス家具やネット環境などが整っているので、電気、水道、ネット回線など別途契約しなくてはならないものは無く、 費用面だけではなくオフィス稼働までの時間を大幅に短縮できます。

⇒ レンタルオフィスのメリット

短期的に見れば、比較的安価で簡単にオフィスを構える事が出来るのがレンタルオフィスです。
その中でさらに格安で提供してくれている物件を探すとなるとある程度の制約を受け入れる場合もあるかもしれませんが、ご自分の事業に必要なものを明確化することで、対象となる物件の探し方は比較的安易になるでしょう。

2.レンタルオフィスの価格設定とは?

レンタルオフィスの費用には、賃貸オフィスと同様の考え方ものとレンタルオフィスならではのかかる費用というものがあります。

1) 賃貸オフィスと同様の考え方の価格設定

これはオフィスだけではなく普通の賃貸でも同じですが、場所・広さ・駅からの距離・築年数がまず普遍的な基準と言えます。

東京を例にとると、
都心に会社が集中していることもあり、渋谷新宿と、東京市部の物件と比較すると、場所以外の条件が同じであれば、金額にそれ相応の差が出てくるのはお分かりかと思います。

2) レンタルオフィスならではの費用

レンタルオフィスは、基本サービスとして机、イスは、ほぼどの物件にも付いています。 しかし、基本的には事業内容によって必要となるであろうサービスがオプションとして設定してある場合が多いです。
例えば、インターネット回線、電話受付、FAXの送受信、プリンターなど別途費用がかかる場合が多いでしょう。

物件により基本サービスとオプションサービスの内容、有料・無料は様々なので、格安のレンタルオフィスを探しているのであれば、自分の事業でどういったサービスが必要か否か、どういったサービスがあると便利か、便利でもなくても何とかなるサービスかをしっかり把握することが必要になります。

⇒ 基本的なレンタルオフィスのオプションサービス

3.予算をしっかり決める

この予算をしっかり決めておかないと、考えがブレてしまって決まるものも決まらなくなってしまう事もあるでしょう。
特に起業する場合など、これから事業の収支バランスがはっきりと見えていない場合、予算に対する決意が曖昧になりがちなので、考えがブレてしまう元凶となりがちです。

予算の増額について悩むだけで済むのであればまだ良いですが、今後事業を進めるうえで家賃が足かせとなり、会社自体の方向性を見失う決断をしてしまったり、悪循環となる決断をし続けなくてはならなくなる様な事が起こると会社の存続が危うくなってしまう事も考えられます。

会社の悪循環にならないようにというのは、大げさなところもありますが、少なくとも予算の上限に関しては、しっかり決めてご自分に合ったより良いレンタルオフィス探しを開始しましょう。

4.格安を基準に他の優先順位を決める

『自分の事業で何が必要か否か』、『予算上限』をしっかり把握できたところで、 支払う費用を格安に落とし込むために、どこが妥協できるか、または出来ないかを決めていきましょう。

普通の賃貸オフィスを選ぶとしても、場所・広さ・駅からの距離・築年数と予算の折り合いをつけなくてはなりませんが、 レンタルオフィスの場合はさらに、オプションサービスをどうするかという決定を困難にする要素が増えたように見えます。

最終的に、迷いすぎて疲れてしまうと良い判断が出来なくなる事もありますので、 この優先順位はしっかりと考えておきましょう。

優先順位の決め方は人、事業内容などで様々な考え方があるとは思います。
ただ、業務を遂行する上で必須となるサービスがあるはずなので、これをしっかり把握してしまいましょう。

例えば、「インターネット回線」「FAX送信」「24時間利用」が業務上必須であれば、この3つのサービスが存在しなければ、既に対象外の物件であると決めることができます。

残りの優先順位の項目は「賃貸選択の基準となる要素」と「あると便利なサービス」です。

賃貸選択の基準となる要素とは

「場所(最寄り駅)」

「広さ」

「駅からの距離」

「築年数」

あると便利なサービスとは

業務の効率化がはかれるものの、そのサービスがなくても業務は可能なものです。レンタルオフィスで一般的なオプションサービスを把握して、ご自分にあったら便利なサービスを決めましょう。

残りの優先順位の決め方としては、一つ一つの項目に対して、サービスが無いことによる業務上問題が発生するかどうか意識して決めましょう。

例えば、以下のように考えてみて優先順位を決めるのも良いでしょう。

「広さ」→4人のデスクが置けないと業務が遂行出来ない

「場所(最寄り駅)」→来訪、往訪に時間がかかりすぎると業務上ロスが出るかもしれない

「駅からの距離」→遠くても不便なだけでそこまで業務上ロスはない

「電話受付」→なくても十分業務ができる

「築年数」→古くても、業務をする上で影響はない

5.(まとめ)業務の円滑化と契約形態を再考する

優先順位と予算を決めて、使用しない切り捨てるサービスも限界まで考えてみても希望と予算がどうしても合わない事もあるでしょう。 そうした場合、レンタルオフィスにはいくつかの契約形態があるので、そちらも視野に入れ、業務を円滑にできる落としどころを考えるのも一つの手です。

レンタルオフィスというくくりには、シェアオフィスコワーキングスペースという、ワーキングスペースを共有する契約形態もあります。

簡単なパーティションで分けられていたり、カフェの様にテーブルがレイアウトされているだけのものであったりと セキュリティ面でのデメリットはありますが、フリーランスの方などが多く使用している形態で、 個室を専有するわけではないので料金も安価な設定なものが多く、日貸しや時間貸しのプランもある物件が多いです。

もし、業務上個室にこだわる必要がなく、人の目もそれほど気にならない方であれば この共有形態のシェアオフィス、コワーキングスペースも考慮されると選択肢は格段に広がるのでお勧めです。

⇒ シェアオフィス・コワーキングスペースを探す

また、自宅で業務が可能な事業やほぼ客先への外出が主となる事業の場合は、バーチャルオフィスと言う選択肢もあります。

自宅を事務所とすると、自宅住所、電話番号を公開することになりますが、そのプライベート情報を公開する必要がなく自宅で業務を行うことができ、 ほとんどのバーチャルオフィスには、電話の転送サービスやはがき封書の転送サービスがついているので、他社とのやりとりについても問題なくできるようになっています。

⇒ バーチャルオフィスを探す

レンタルオフィスを選択する理由は人それぞれだと思いますが、同じ条件の物件であれば、費用を抑えられるに越したことはないでしょう。

ROコンシェルでは、「個室・専有」「コワーキングスペース・シェアオフィス」「バーチャルオフィス」といった主要な契約形態別に価格が安い順で並び替えられるようになっていますので、ぜひご利用ください。

レンタルオフィスコラム一覧へ

レンタルオフィスを探す

閉じる

レンタルオフィスの種類・利用形態

個室・専有のレンタルオフィス 一般的なレンタルオフィスのサービス利用形態で、人数に合わせてオフィス空間と机や椅子などの設備を専有できるタイプ。 会議室や受付、オフィス機器が共有の物件もあり、ワークスタイルや規模、予算に応じて様々な選択が可能です。
コワーキングスペース・シェアオフィス 複数の会社でオフィス空間やオフィス設備を共有するタイプのレンタルオフィスで、シェアオフィス、 シェアードオフィスとして知られています。 他社社員を身近に感じられる現代的な利用方法で、個室・専有に比べコスト削減が期待できます。
時間貸しのレンタルオフィス 1日に数時間、毎週特定の日に数時間など、時間単位で必要なときに無駄なく利用できるタイプでその手軽さが魅力です。 決まった時間に自分だけのワークスペースがほしい方や一時的にリモートオフィス、サテライトオフィスを持ちたい企業様に最適です。
バーチャルオフィス バーチャルオフィスでは、住所、電話番号の貸与や郵便物の転送と電話応対サービスなどを利用して、実際に事務所を借りなくても オフィスの機能だけを利用できる革新的なサービスです。自宅や地方に拠点を置きながら都心一等地のステータスで対外業務が行えます。

閉じる

レンタルオフィスのサービス

受付サービス 有人の受付があり、来客の対応や案内をしてくれるサービス。物件によっては秘書サービスが同じ対応を兼ねている場合があります。
電話応対サービス 電話の対応や転送サービス。
秘書サービス 秘書サービス。サービス内容は物件によって異なりますが、受付サービスと似たサービスが受けられます。
机・椅子完備 机や椅子などのオフィス設備が最初から利用できます。
OA機器完備 コピー機、プリンターなどの印刷機器が利用できます。物件によって専有もしくは共有になります。
FAX完備 FAXや電話などの通信機器などが利用できます。
ネット環境完備 無線もしくは有線によるインターネット環境が用意されいます。
会議室あり 会議室やミーティングルームが利用できます。物件によって専有もしくは共有になります。
法人登記可 法人登記が可能なレンタルオフィス物件です。
24時間利用可 24時間利用が可能なレンタルオフィス物件です。
レンタルオフィス探しにお困りの方、条件にあったレンタルオフィスをご提案させて頂きます。